コーヒーに含まれる化学物質が何であるかをご存知ですか?

体内のアデノシン濃度が高くなりすぎると、脳の神経活動が鈍くなり、血管 が拡張して、眠くなったり、休息が欲しくなったりするんです。

コーヒーには、脳のアデノシン受容体と相互作用する刺激成分が多く含まれており、覚醒状態を維持し、精神的に集中力を持続させることができるように開発されています。

カフェインは、コーヒー豆に含まれる最も一般的な成分です。白色で苦味のある無味の粉末である。

カフェインには、再生、筋肉強化、穏やかな利尿作用、神経系、循環器系、呼吸器系への穏やかな刺激作用、糖尿病、癌、心臓病のリスク低減など、多くの健康効果があります。

しかし、カフェインは、不眠、落ち着きのなさ、ストレス、不安、心拍数や呼吸数の増加、筋肉の震えなど、体に悪影響を及ぼすこともあり、いずれも骨粗鬆症のリスクを高める可能性があるのです。

カフェインに対する感受性が発達している人でも、副作用を効果的に回避しながらコーヒーを飲めるようにするため、カフェインレスコーヒーが製造されるようになったのです。 骨粗鬆症を予防するために、コーヒーにミルクを入れるのもよいでしょう。

焙煎されたコーヒー豆は、生のコーヒーよりも抗酸化物質が豊富に含まれています。ポリフェノールなどのフェノール系物質を含み、血漿の抗酸化力を高めて体内の細胞を酸化から守り、退行性疾患の発生を抑制する。

焙煎されたコーヒー豆には、脂質だけでなく、30種類以上の有機酸、フェヌグリーク、各種ミネラルが含まれており、それぞれ風味や抗酸化作用に異なる影響を与えています。フェヌグリークは、カリウム、リン、マグネシウムマンガンとコーヒーに含まれる約30種類の微量栄養素で、香り、風味、味に重要な働きをし、多くの健康効果が期待できます。

手軽に飲めるようにと、今では多くの人がインスタントコーヒーを飲んでいますが、私もその一人です。 インスタントコーヒーは、コーヒーを焙煎し、挽いたものです。

インスタントコーヒーというと、「値段が安い」「粗悪なコーヒー豆を使っている」といったネガティブなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、商品ごとにグレードがあり、良質なインスタントコーヒーでも数杯分の価格は挽き売りコーヒーと同程度なので、ニーズに応じてうまく合理的に選ぶことができる。

注目の記事:

コーヒーの加工方法が異なれば、蓄積される代謝物の濃度も異なる

生のコーヒー豆を加工する。発酵させることで、コーヒーの味は良くなるのか?

コーヒーのお供 いつでもあなたのそばに